【スポンサーリンク】

プロレスラーを傷害で現行犯逮捕も被害者に批判多数 実名公表を求める声も

  神奈川県警茅ケ崎署は12日、茅ケ崎市今宿のプロレスラー、安倍健治容疑者(40)を現行犯逮捕した。調べによると、安倍容疑者は同日午後5時35分ごろ、同市萩園のスーパー「ロピア茅ケ崎店」の駐車場で、同市赤羽根に住む会社員の男性(47)を地面にたたき付けるなどの暴行を加え、出血や打撲などの軽傷を負わせた。暴行を受けた男性が110番通報をし、駆けつけた署員が安倍容疑者の身柄を確保した。安倍容疑者は容疑を認めているという。

f:id:imp0201:20190513100454j:plain

 ただ、男性の非を指摘する声も多い。安倍容疑者が車で駐車場の順番待ちをしていたところ男性の車が列に割り込む形になったことがトラブルの原因になった。ネット上では、「暴力はダメだけど横入りした人の自業自得。被害者だけどそもそもの発端は会社員。喧嘩両成敗でそちらも実名出すべきだと思う」、「相手にも問題ある…一方的な報道はおかしい…。だったら相手の実名ださなきゃ差別だよ。結果論だけで済ましたらいけないけどね…」と被害者に批判的な意見が多く、実名公表を求める声も。「注意された会社員が逆ギレしたんじゃないの?で、プロレスラーと知らずに凄んだら返り討ちにされたと。名前を出せとは言わないが会社員の言い分を聞きたいね」という指摘もあった。

 暴力は決して許されることではないが、被害者もトラブルの原因を作っただけに事件に至った詳細が気になるところだ。