【スポンサーリンク】

NGT山口真帆は擁護も…「無言を貫くのは卑怯」と批判の声が

 昨年12月に男性2人から暴行される被害を受け、4月21日にグループからの卒業を発表したNGT48の山口真帆(23)が2日、AKB48グループの総合プロデューサーである秋元康氏(61)への感謝の思いを有料会員用のメールサービスでつづった。

  山口は「私も秋元さんが(運営の)トップだと思ってたし、助けてくださいってsnsで直談判しようと思ってたぐらいなんですが、秋元さんはaksのトップではないから逆らえないし、何も報告されなくなって、何も知らないらしいんだ」と打ち明けた上で、「びっくりだよね…昔のAKBとは組織も人も違うし、私の経験上納得するところはありました。だからコメントするにもコメントできないらしくて、他のグループのメンバーもみんなそんな感じだと思うので、他のグループの人には何も言ってほしくないし、求めないでほしいし、ご迷惑かけてごめんなさいって私は思っています」と秋元氏へ謝罪の思いを書き込んだ。

 さらに、「秋元さんも自己保身の為に私のこと都合良く言い回るのかなと思っていたし、あれだけ有名な人だから1番そうすればいい人なんです。だから私もそうされても仕方ないと思っていたし、秋元さんも極悪人のように思っていたのですが、私が傷つくようなことは一切しなくて、唯一心配してくれていたと聞いています」、 「秋元さんはれなとりこのことも心配してくれたから、私は凄く感謝しています。それなのに極悪人だと思っていたことをここでお詫び申し上げます…」と説明。「私が秋元さんにとって極悪人だ(笑)」と冗談交じりに締めくくった。 

f:id:imp0201:20190503101258j:plain

 

 今回の事件を巡り、秋元氏は公の場でコメントすることなく沈黙を貫いている。山口は秋元氏の置かれた立場と実情を理解した上で擁護す思いを書き込んだが、ネット上の意見を見ると、風当たりは厳しいままだ。

 

 「読んでて悲しくなった。犯罪被害者がここまで気をつかうべきなのか。秋元康が経営のトップではないことは分かった。安易に発言できる立場にないことも分かった。だけど人として大人として、傷ついた人に気遣いの言葉の一つもかけることもできないのだろうか。秋元康が経営者じゃなくとも、彼が作ったグループに夢を抱いて、おそらく人生をかけて入った若者が、ひどい形で追い出されるというのに、それでも一言も口出しできないのか。芸能界のことはなにもわからないのにこういう言い方するのもあれだが一般的な概念から言えば、おかしなことだらけ。闇を感じる」、「これまで流れや繋がりを見てきて安易にそうなの、秋元さんはいい人なのねとは思えません。AKSの人間ではなくただのプロデューサーだというならなぜ本人がそう言わないのでしょう。山口さんは暴行を受けた被害者です。被害者がずっと矢面に立ち続けているんです。周りの対応が杜撰過ぎてかなり引いています。芸能界全てに不信感を持ってしまうようになりました」など秋元氏の対応に依然として批判的な意見が多かった。