【スポンサーリンク】

自殺?川越少年刑務所で首をつった20代男性死亡に、「ある疑問」の声が

 埼玉県川越市の川越少年刑務所は10日、20代の男性受刑者が死亡したと発表した。

 

 メディア報道によると、8月30日午後6時半ごろ、男性が施設の単独室で首をつっているのを巡回中の職員が発見した。男性に意識はなく、病院に搬送されたが今月9日に死亡した。男性は首を吊った状態で発見される15分前、余暇時間にが室内でテレビを見ているのを職員が確認しており、変わった様子はなかったという。室内の状況などから同刑務所は自殺を図ったとみている。

f:id:imp0201:20200812171008j:plain

 ネット上では「いじめの可能性もあるから、しっかり捜査してほしい。刑務所のいじめ多いみたいですよ」、「自殺だとしても再発防止のためにその原因を突き止めることが大事。いじめだとしたらあってはならないし、その疑問を突き詰めないとまた同じような悲劇が繰り返される。ただでさえ難しい環境で過ごしているのだから」などのコメントが。また、「なんの罪で入ったの?刑務所だからよっぽどだよね?どの事件かもわからないから、何とも言えない。でも自殺は良くないよ親族、身内、事件の関係者達にまた辛い思いさせたね。親族達も息子が事件になった辛さ、息子が刑務所に入る辛さ、息子が自殺した辛さ。自分1人が辛いわけではないよ」という意見も見られた。