【スポンサーリンク】

男子大学生を車ではねた18歳逮捕 同乗者の「勇気ある証言」に称賛の声が

 27日午後0時45分ごろ、愛知県蒲郡市竹谷町の信号のある交差点で、横断歩道を歩いて渡っていた日進市の大学生・森川夕暉さん(19)が走ってきたワゴン車にはねられた。森川さんは病院に搬送されたがまもなく亡くなった。


 メディア報道によると、警察はワゴン車を運転していた西尾市の18歳の男子大学生を過失運転致傷で現行犯逮捕した。警察の取り調べに対し、男子大学生は「信号は黄色だった」と供述しているが、ワゴン車に同乗していた知人は「信号は赤だった」と話しているという。

f:id:imp0201:20190927204818j:plain

 ネット上では、「同乗者の正義に拍手。本当の事を言うのは当たり前ですけどね。どこかでカメラに映っているかもしれないし。言い逃れしたところで被害者が亡くなっているんだから」、「おそらく同乗者の友達の言い分が正しい。そもそも黄色でも安全に停止できない場合を除いて、必ず停止線の前で止まらなければいけないって道路交通法で定められているから。この同乗者は犯人の友達をかばうことなく正直に話してくれた。勇気のいることだしその態度は素晴らしい」と称賛の声が相次いだ。