【スポンサーリンク】

高2男子が教室で首つり自殺…「ある疑問」の声が

 3日夕方、岐阜市内の私立高校で高2の男子生徒(17)が首を吊って自殺したとみられる問題が大きな波紋を呼んでいる。

 

 メディア報道などによると、同日午後5時半ごろ、同校の教室で男子生徒がカーテンの紐で首を吊り、ぐったりしているのを教師が発見。男子生徒に意識はなく、病院に搬送されたが、まもなく死亡が確認された。自殺の可能性が高いとみられる。


 ショッキングな事故が起こった経緯を見ると、ある疑問点が浮かぶ。3日に普段通り登校した男子生徒は午後2時40分ごろ、授業中に担任の教師から別の教室に呼び出された。担任の教師は男性生徒に個別で約1時間の生活指導を行うと、待機を命じて保護者への連絡などのため教室を離れたという。そして。およそ2時間後の午後5時半。担任の教師らが教室に戻ると、男子生徒が首を吊って意識を失った状態だった。

 

 地元メディアによると、教頭は「(教師が)離れたときのことだったので、ずっと一緒にいればと今では思うが、ただ、ホームルームもありますし、(他の)生徒も残っていたので、(教師が)出たり入ったりするのはやむを得なかった」と弁明したが、担任の教師が中座した2時間が「あまりに長すぎるのではないか?」と疑問の声が多い。

 

 ネット上では、「1時間指導し2時間空けたらあかんやろ、その生徒は3時間も別室でいたわけで教頭のしょうがないって一言で済ます神経は恐ろしい。2時40分に呼び出したとなると17時40分と待たせすぎだし、これで相手側に非があるとなると、個人の性格もあるがこういう事になると学校側に問題があると言わざるを得ない」、「2時間の中座は良くない。指導されている身からしたら『怒られて放置された』だと思う。大人でも上司から1時間説教されたら出社拒否したくなる。更に2時間放置でしょ。『退職』の二文字が頭を過るわ。若しくは、組合に相談するか。高校生がそうされたらメンタル凹むどころじゃないと思う。指導の内容云々だけが問題じゃないと思う」など学校側の対応に批判的な意見が。

f:id:imp0201:20190908183948j:plain

 一方で、「こういう事がおきると教師を叩くのもやめた方が良いと思う。当事者ならともかく部外者で事情もしっかりわからないのに。こんなんじゃ将来教師になりたいって子はいなくなるだろうね」と教師を擁護する意見も見られた。