【スポンサーリンク】

園児ら16人死傷事故 被告のある発言に、「精神壊れている」の声が

 滋賀県大津市で今年5月、園児ら16人が死傷した事故などで禁錮5年6カ月の求刑を受けた新立文子被告(53)がテレビ朝日系ANNの取材に応じたインタビューが大きな反響を呼んでいる。

 

 新立被告は大津市の交差点を車で右折する際に前から来た直進車に衝突。直進車は歩道の園児らの列に突っ込み、16人が死傷した。「前方を確認せず、右折した」として起訴され、事故後に男性にストーカー行為をした罪にも問われて禁錮5年6カ月が求刑されている。保釈後に取材に応じ、「私の不注意であることも確かですし、不運が不運を呼んで可愛い園児さんのなかに突っ込んでしまったということで。一生、償っていくというのは当たり前」と謝罪。一方で、「せめて(直進車の運転手の)減速、あるいはブレーキがあったら、それを責め立てるわけではないですけど、どうだったのだろうかと」と直進車の運転手が不起訴になったことに不満を述べた。

f:id:imp0201:20191128070727j:plain

 Yahoo!ジャパンのコメント欄には、「この事故は運が悪くて起きたんじゃなく、右折車の完全な不注意で起きているでしょう。確認もせず右折するなんて自殺か殺人行為。直進車は道交法に則って直進しただけ。こんな考えだから反省していなかったんですね。自分が被害者なら怒りで狂いそうです」、「よく映像取材に答えたなっと、正直驚いてる。そして、やはりこの方、なにか精神的にどこか壊れてしまっておられるように感じてしまった。『直進者の方が、もう少し減速してくれてたら』『ストーカーは自分もされた経験があり、怖いのはわかってる』みたいな話をしておられたけれど、亡くなった子ども達のことも、怪我されて今も心の傷をおってる子ども達のことも、辛い思いをしている親御さんや被害者関係者のことも、何にも考えてないから、顔だして取材にこたえられたんだなっと思った。誰もあなたに同情はしないし、減刑も望んでいない」など新立被告の発言に批判の書き込みが殺到。直進車の運転手に対して不満を口にしたことに理解を示す意見は少なかった。判決は来月16日。