【スポンサーリンク】

15歳少年が女子生徒にわいせつ容疑で逮捕 衝撃の犯行動機に再犯を懸念する声も

 埼玉県警所沢署は27日、j所沢市に住む県立高校1年の少年(15)を強制わいせつの疑いで逮捕した。

 メディア報道などによると、少年は3日午後4時20分ごろに所沢市の路上で、徒歩で帰宅途中の10代の女子学生に後ろから近づき、胸を触るなどわいせつな行為をしたという。少年は犯行現場から逃走。女子学生から報告を受けた母親が事件直後に110番した。現場周辺の防犯カメラ、被害者の目撃情報などから少年を割りだし、27日朝に少年が自宅で犯行を認めたため同署が逮捕した。

f:id:imp0201:20190728174434j:plain

 ネット上で大きな反響を呼んだのが犯行動機だった。「勉強のことでムシャクシャしてやった」と取り調べに供述したという報道に、「理性を抑えられないのは再犯の可能性高いな。年齢は関係ない。犯行内容がグレードアップすることもあり非常にこわいね。GPS埋め込みお願いします」、「勉強でイライラしてって…これが本当なら性犯罪をまた起こす可能性は非常に高い。治療を受けないとまた被害者を生むよ」など再犯を懸念する声が多かった。女子学生の心の傷は一生消えない。少年は猛省しなければいけないと同時に、再犯防止のために治療を受けるなど検討しなければいけないだろう。