【スポンサーリンク】

家族旅行後に陽性の10代女性 ネットで出回る「ある書き込み」に自制求める声が

 スペインから帰国し、21日に新型コロナウイルスへの感染が確認された県内在住の10代の女性が学校の休校期間中に家族らで旅行していたことが判明し、批判の声が殺到している。

 

 県によると、女性は家族ら5人がスペインからの旅行を終えて20日午前10時に成田空港で帰国。検査結果が出るまで空港内での待機要請があったが、結果を待たずに、羽田空港と那覇空港を経由し、同日中に県内の自宅に帰宅した。21日午前11時に検疫所で陽性反応が出たと県に連絡があったという。女性は学校の休校期間中、13日から20日までの日程で家族や親戚6人でスペインを旅行していたという。今後は指定医療機関に入院する。県は女性との濃厚接触者は家族や親戚など最低でも9人がいるとみていて、今後は対象者の健康観察を行うという。

 

 ネット上では、「スペインの状況が分からない訳ではないはずなのに、中高生当たりの子供を連れて行くなんて、どんな家族なんだろう。しかも、沖縄まで戻ってしまいという常識を外れた行動は、責められても仕方ありませんね」、「信じられない。何のための休校だったのか、全く理解していない。それに、結果も聞かずに地元に帰るなんて。身勝手としか言いようがない。こういう人の真似をしないで欲しい」など批判の声が。また、「是非、実名を公表すべきです。こういう、社会常識のない、社会に損害を与えかねない人達は実名を公表するなどのペナルティが必要です。危機感なく、無責任な人が多すぎる」と実名の公表を求める書き込みも少なくない。

f:id:imp0201:20200319182121j:plain

 一方で、「気持ちはわかるけどネットの書き込みを見ると感情が先走りすぎ。ネット上では実名報道や住所を晒すとかは決して許されない」、「住所さらすとかネットリンチだから。確かに旅行したことは許されないけど、冷静にならないと」と個人情報を晒す動きに自制を求める声も。常識や法律の範疇を逸脱して感情のままに行動する「私刑」に正義はなく、許される行為ではない。